横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学

サイトマップ
メニュー
★トップページ
初めての方はここから
・初めての方へ
・竹下流のテーマ
・プロフィール
・「気学」とは?
・鑑定可能な内容
・竹下流気学理論
方位取りとは
・方位取りとは?
・方位転居とは?
・方角の割出方法
・今年の大凶方位
今年・今月の運勢
・運勢の上手な活用法
・今年の運勢
  |一白二黒三碧
  |四緑五黄六白
  |七赤八白九紫

・今月の運勢
  |一白二黒三碧
  |四緑五黄六白
  |七赤八白九紫

☆メールマガジン購読
九星気学鑑定について
・鑑定依頼について
・鑑定スケジュール
・アクセス
・プライバシーポリシー
☆カード決済ページへ
☆お振込口座はこちら

■商品一覧
・吉方位表
・本相性表
・毎月の運勢/毎日の運勢
  データ版

・水晶
・方位取り地図
・自分カタログ
・偏屈岩塩
・方位定規
☆カード決済ページへ
☆お振込口座はこちら
さらにステップアップ♪
・開運方位取りツアー
・占い教室
ブログのご案内
・竹下宏ブログ
・番頭の部屋
・はちこブログ
・ガマタブログ
・ニブ子ブログ
・おじさんの部屋
・イノコのブログ
九星気学 竹下用語辞典
竹下宏の開運用水晶
竹下宏の開運用水晶
竹下宏の開運印鑑
占い師がお勧めする印鑑
占い師の結婚相談所
占い師の結婚相談所

部屋探しのポイント! 吉方位であるのは大前提ですが、家相や周辺環境も大事なんです。

転居の場合、まずは絶対はずせない条件が☆大吉方位であること
その次に大事なのは、極端に運気を落とさない部屋であることです!
主に賃貸住宅を探す場合、下記の点に当てはまるものを探してください。
逆を言えば、この条件に当てはまらないと極端に運気を落とすことになり、
☆大吉方位で転居しても、その効果が半減してしまう場合もあるのです。
注意してくださいね。
■日当たりが良いこと!
部屋の中で最も大きな窓がある方向が、部屋の向きとなります。
部屋の向きが東から南であり、直射日光が部屋の中に差し込むことが必要です。
日当たりの悪い部屋は極端に運気を低下させます。
日当たりは最重要項目ですので、厳密に調べてください。
できれば、近隣の拡大図を見て、道路の方位と建物の角度を見て判断してください。
不動産屋の資料の「南向き」と言う言葉はあまり当てにしないように!
西南向きでも「南向き!」と表示してある場合は多いのです。
※たとえ昼間、家にいない人でも日当たりは最重要項目になります。
昼間に部屋に日が当たっていることにより、部屋にパワーが充電されます。
「昼間は家にいないから・・・」と言って、日当たりを軽視しないでくださいね!
■部屋の形が長方形又は正方形であること!
部屋の形とは、賃貸で言えば、あなたが借りている部分の形です。
一部屋の形ではなく、賃貸アパートであれば居間とキッチン、バストイレ全部合わせた形です。これが正方形か長方形であることが必要です。
どこかが出っ張ってたり、引っ込んでいたりする場合はだめです。
出っ張っている場合○吉とする場合が多いのですが、 俺の経験上
60%の確率で▲凶作用が出ます。ですので、素直に四角い部屋を探しましょう。
※柱、メータボックスでちょこっと引っ込んでいる分は黙認します。
※出窓は無視します。
※ベランダの形も無視します。
■寺社仏閣、墓地に隣接していないこと。
これらに隣接していると、極端に運気が低下します。
まあでもこれらは、常識的に考えても嫌ですよね。
可能であれば300m、やむをえない場合でも100mは離れたところを選びましょう。
■井戸を埋めていないこと。
マンションだとそこまで大きな▲凶作用は出ませんが、一戸建ての場合、井戸を埋めて、その上に家を建てて居住すると、かなり大きく運気低下します。新興住宅地の場合は大丈夫だとは思いますが、古い家の建てかえの場合、十分に注意してください。
■いわくつきの土地でないこと。
墓の跡地、歴史上の場所、殺人現場、大きな死亡事故現場、病院の跡地・・・等、一般的に考えてヤバそうなところは、殆どの場合▲凶作用が出ます。
※広島長崎の爆心地付近、沖縄の激戦地付近を除いて、戦争、災害で人が亡くなった場所は上記からは除外します。
■川、池に隣接していないこと。
特に池、沼はやばいです。
川は綺麗な川であればあまり問題は無いのですが、どぶ川はまずいです。可能であれば500m、やむをえない場合でも300mは距離を取りたいですね。
■重病の病院に隣接していないこと。
内科、産婦人科、眼科、耳鼻科、程度であればいいのですが、救急病院、外科、等の重病の人が入院する病院、特に癌病棟などとは最低でも500メートルは離れましょう。
以上が絶対条件です。 何が何でもクリアしなければなりません。
更にこの下に挙げるものは「可能であればクリアしたい」条件です。
可能な限り努力して、条件に合う物件を探しましょう。
 
■うるさくないこと。
幹線道路、鉄道からは可能であれば300m以上離れたところで。
やむをえない場合でも、うるさくない程度の距離をとることが必要です。

■高圧線の下は避ける。
高圧線は磁場をひん曲げてしまうようです。高圧線の真下は避けましょう。
■埋め立て後10年以内の土地は避ける。
埋立地は、埋め立て後十年しないと、風水的には土地とはみなしません。埋立地にすむ場合、最低でも埋め立て後10年以上経った土地に住むようにしましょう。
■極端に家賃が安い集合住宅は避ける。
極端に家賃が安い場合、極端な低所得層が集まる場合が多く、その一帯の運気が下がってしまっている場合が多いのです。
厳密に言えばまだまだ条件はあるのです。
キッチンがどの場所にあるほうがいいとか、
トイレがここにあってはいけないとか・・・・・
でも正直なところ、それらを全て満たそうとするには限界があります。
ですので通常の転居の場合、まずは上記の条件をクリアしましょうね!
それ以外は意識して気にしないでください。
(とはいえ、ここに挙げたものを満たすだけでもなかなか大変ですよ…)
一般の風水の本にあるのは、 家相だけで運気を上げようとしている無理な方法です。
竹下流は、家相では極端な運気の低下を食い止め、転居や方位取りで運気を上げます。
その上でまだ選択肢があれば、鑑定を依頼してくださいね!

最後に。上記以外にもひとつ条件があります。
■常識的に考えてよい場所であること。
☆大吉方位だからといって、歓楽街の真ん中に住めば・・当然良いわけありません。 まずは常識的に考えて、治安、環境などちゃんとした場所であることが必要です。
特に女性の一人暮らしの場合、良い方角であっても帰り道の人通りなど、常識的なことは、チェックしてくださいね。
転居のスケジュール
Copyright (C) 2014 Takeshita Office Co., Ltd. All Rights Reserved.