横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学

サイトマップ
メニュー
★トップページ
初めての方はここから
・初めての方へ
・竹下流のテーマ
・プロフィール
・「気学」とは?
・鑑定可能な内容
・竹下流気学理論
方位取りとは
・方位取りとは?
・方位転居とは?
・方角の割出方法
・今年の大凶方位
今年・今月の運勢
・運勢の上手な活用法
・今年の運勢
  |一白二黒三碧
  |四緑五黄六白
  |七赤八白九紫

・今月の運勢
  |一白二黒三碧
  |四緑五黄六白
  |七赤八白九紫

☆メールマガジン購読
九星気学鑑定について
・鑑定依頼について
・鑑定スケジュール
・アクセス
・プライバシーポリシー
☆カード決済ページへ

■商品一覧
・吉方位表
・本相性表
・毎月の運勢/毎日の運勢
  データ版

・水晶
・方位取り地図
・自分カタログ
・偏屈岩塩
・方位定規
☆カード決済ページへ
☆お振込口座はこちら
さらにステップアップ♪
・開運方位取りツアー
・占い教室
ブログのご案内
・竹下宏ブログ
・番頭の部屋
・はちこブログ
・ガマタブログ
・ニブ子ブログ
・おじさんの部屋
・イノコのブログ
九星気学 竹下用語辞典
竹下宏の開運用水晶
竹下宏の開運用水晶
竹下宏の開運印鑑
占い師がお勧めする印鑑
占い師の結婚相談所
占い師の結婚相談所

方位取り地図の見方 方位地図が手元に届いたら、このページをチェック!

お手元に届いた方位取地図を利用するに当たり下記の点をご注意ください。

@地図上の誤差

地図は球体の地球を平面に直して表すため、どんな地図でも必ず方角の誤差が生じます。
また、方角線(黒で引かれた線)付近は気が交じり合う可能性があります。そのためお送りした地図には方角線の左右五度の誤差線(赤で引かれた線)を記入しています。方位取りの場所を選択する際には誤差を差しい引いた赤線と赤線の間のエリア内で目的地を定めてくだださい
かなりエリアが限定されますが確実な場所を選択いただくことを推奨しております。
自宅からの希望地点がどのエリアになるか地図上で迷った場合はお問い合わせください。
わかる範囲内で緯度経度から判断して回答致します。 >>問い合わせ
A地図上の危険エリア

上記の危険エリアの中でも方角線(黒で引かれた線)の右側(時計回り側)のエリアは超危険地帯です。
*ただし隣り合う両方の方位が吉方位に該当する場合はその間のエリアも問題なく利用できます。(例)北と東北が自分にとって両方とも吉方位の場合はその間のエリアも利用可能です。
方位地図を送りする際には下記の説明シートが同封されます。図の中の黒く塗られたエリアが超危険エリアとなりますので、お手元の地図で確認ください。
九星気学 地図上の危険エリア
※補足・・・真北(しんぼく)と磁北(じほく)

一般的な地図に記載されている地図上の「北」・・・・真北(しんぼく)と方磁石が指し示す「北」・・・磁北(じほく)には磁極と地軸のズレがあるため長が生じます。
このズレを「偏差」と呼びます。日本では地域によって3度〜9度西に傾いている(「西偏角」)とされています。また流派により真北を北とする考えと磁北を北とする考え方があります。

当方では磁北を北と定めて約5度西に傾けた方位線(黒で引かれた線)を引いた上で、更に誤差線(赤で引かれた線)を記入しています。

方位取りについてもっと詳しく!
Copyright (C) 2014 Takeshita Office Co., Ltd. All Rights Reserved.