ひ(11)



引きこもり適性 [66]

人見知りの相の人は、社会に出る時は基本的に仮面を被って生活しているので、家に帰った時はその仮面を外し、本当の自分を取り戻すおひとりさま時間・空間が必要だということ。

ビギナーズラック現象 [65]

運気の下がった人が、1〜2回良い方向へ方位取りすると、妙に気分が晴れたり、良いことがあること。しかし、本当の方位取りの効果は後からジワジワ出てくる。

ビジネスパートナーの相 [64]

関係が深くなるにつれて、感情よりも利害関係でお互いの一致点を見出しやすい。良い関係は保てる場合が多いが、感情的には高まりにくく、結婚・恋愛よりもビジネス関係に適している。

美人は損だ!現象 [63]

容姿が美しく生まれた人は、周りからちやほやされることが多いので、自力で物事を進める機会が少なくなる。その為、恋愛のやり方が分からなくなってしまったり、どういう仕事をしてよいかわからなくなってしまうという現象。

一皮むく [62]

日常の生活の中で、仕事にしろ、プライベートにしろ、やったほうが良いのはわかっているが、勇気が出なくてやらないまま見て見ぬふりをしていたことを、勇気をもって実行することを指す。

人見知りの相 [61]

根本的に人見知りが強く、対人ストレスが大きい人のことをいう。ほとんどの人が仮面を被っているので一見、人見知りとはわからないくらい明るく見える場合も多い。

皮膚ガンの理論 [60]

日光にたまに当たるのは健康になるが、当たりすぎると皮膚ガンになる。やり過ぎは良くないということ。

暇人病 [59]

特にパワーの大きいキャリアウーマン型の女性に多い現象。専業主婦になったり、楽な仕事をしてしまうと、本来のパワーが余ってしまい性格が屈折してしまう場合が非常に多い。

ヒルズ族の理論 [58]

何万人に1人の割合でいる生まれつきの強運を持った人たちをいう。この手の人たちは、強い直観力と洞察力、判断力をもっているため、超能力?的なひらめきで物事を進めていく場合が多い。

疲労限界点 [57]

悪い方角に連続して旅行しても、ある時期までは全く体感が無い場合が多い。しかし、ある時を境に一気に運気低下が始まり身の回りに事故、病気等の災いが大量発生する。その境目をいう。

貧乏人の相 [56]

この相が出ているとなぜかお金が貯まらない。いつの間にかプロの貧乏人になってしまう恐ろしい相。