た(10)



大吉方位 [130]

年で見ても月で見ても吉方位である方位。海外旅行、引っ越しに用いることが出来る。

大凶方位 [129]

万人にとって共通の強力な凶方位。暗剣殺、五黄殺、破のことをいう。大凶の効果が大きく、ハッキリしており、事故、病気などの突発的な災難にあう場合が多い。

たけした語 [128]

一般の気学にはないオリジナルの表現。攻撃型、守備型、地球人、宇宙人、変態の相等がそれにあたる。他では通用しない。

たけした流3年の理論 [127]

適切な進路を指導したとしても、ある程度の苦難が付きまとうため、本当にやる気になるまで、多くの場合は3年かかる、というもの。占い師はやる気になるまで励まし続ける…肉体労働である。

たけした理論 [126]

過去12年間数万件の臨床例から分析し割り出した竹下宏独自の理論を指す。

田吾作化 [125]

守備型の人間が自分のポジションを理解し、ナンバー2として肩の力を抜いて生きることをいう。特に三枚目のキャラが定着すると非常に楽に生きられるようになる場合が多い。

タッチアンドゴー [124]

方位転居して60日間たったら即、又方位転居をすること。行きたい方角に直接行けないので、一回中継地点を設ける方法。正式名称は方違え(かたたがえ)。ただし、失敗例が多いので、たけした流では禁止している。

脱北(だっぽく) [123]

強烈な両親から強引に家出すること。特に家出の相が出ている人間は脱北が難しい場合が多い。

たま現象 [122]

主婦の相の人は自分より強い人には服従で、自分より弱い人には強く出る、という、尽くすか尽くさせるかが相手によって違う現象。

誰でもいいから優しくして現象 [121]

運気が低下した場合、異性に対する依存度が極端に上がるため、普段は絶対好きにならないような異性に魅力を感じてしまう場合が多い。別名のりか現象という。