き(15)



気合入れろサイン [219]

適職に就いているのに、運気の上昇とともに成績が落ちた場合、気学以前の問題がある場合が多い。基本に戻り自分を見つめ直せというサインである場合が多い。

気入れの理論 [218]

水晶を良い方角に身につけて行って、自分の体からでる良い気を吸収させること。

気移し [217]

大吉方位に行ってきた人と○○○したり、長時間精神集中状態で一緒にいると、その良い気を自分の体で吸収することができて、方位取りと同様の効果がある。気移しの気は即効性がある。大凶の場合も気は移るので注意が必要。

気学メタボ [216]

方位取りや大吉方位転居などで運気を上げているが、やるべきことをやっていないため、運気がじゅうぶんに生かされていない状態。例えて言うなら、トレーニングをしないでプロテインを取っているのと同じ。

危険エリア [215]

気学上の方角の境目付近をいう。方角の境目付近は両方の方角の気が混ざり、ほとんどの場合悪い効果が出てしまう。方角線の左右5度のエリアは危険エリアといって、方位取りには使用不可能。

北朝鮮の理論 [214]

「もし、北に拉致されたとして、日本が大凶方位であっても帰るでしょ?」という理論。時と場合により気学以前のことを優先させるということ。

気の平均化 [213]

方位取りをやって100の良い気をもった女性がいて、その女性と○○○したマイナス100の悪い気を持った彼氏がいる場合、女性の良い気は男性に流れ、男性の悪い気が女性に流れ、お互いの平均値の0で安定しようとする力。

基本相性 [212]

出会いから信頼関係が出来るまでの表面的な相性。上辺だけの相性であり、信頼関係が出来た後はほとんど関係ない。雑誌に載っているのはほとんどの場合これなので、あてにしないように。

キモイ病 [211]

家出の相を持っている人や、27歳を過ぎても親と同居してる場合、だんだんと同居している人特有のキモさ、上から目線がにじみ出ている様子。男性は表面化しやすいが、女性は表面化しにくいので注意が必要。

気持ちいいけどいかないで相 [210]

これが出ている女性は、満の濡れは良く、快楽も得ることができるが、最後の最後で自制心が働き、イクことができない場合が多い。

キャリアウーマンの相 [209]

これが出ている女性は家庭内に生き甲斐を感じられないことが多く、一生働いた方が良い場合が多い。専業主婦には向いておらず、家の中にいるとノイローゼになる可能性がある。

キャリア先行型 [208]

キャリアウーマン型の女性は、先ずは仕事をしてお金を稼ぎ、自信をつけることが優先される。その自信により良質のフェロモンが出はじめ良縁に恵まれやすくなる。仕事運の充実が恋愛運を向上させると言う例。

教育ママゴン現象 [207]

キャリアウーマン型の女性が適職に就かずに専業主婦をしていると、力が余り過ぎて、無駄に子供に手をかけてしまい、その結果子供をダメにしてしまう現象。

器用貧乏の相 [206]

能力の幅が非常に広い天才型。何をやっても人並み以上にこなす反面、物事に対するこだわりがすくない。「あの人はなんでもできたのに、結局何もやり遂げなかったよね。」といわれる人になってしまう場合が多い。

凶方位 [205]

あなたの星にとって良くない方位。方位の吉作用と全く逆なことが起きる。自分に取っての吉方位以外は、全て大凶方位か凶方位。良いか悪いかで、「普通」の方位はないので要注意。